単身パックガイド安い一番お得な激安キャンペーンはこちらから!
一番安いお得な業者に依頼するのが一番お得!
安い引っ越し業者が簡単に見つかります。

引越しの単身パックサービスとは




引越しには様々なサービスプランがあり、単身パックサービスは単身者向けに特化した引越しサービスです。

業者により名称が異なる事もありますが、多くの運送業者が扱っていて、1人分の荷物量で引越しする際にとてもお得な価格帯になっています。

単身赴任の方や一人暮らしの方にお得であり、需要も多い事からも人気サービスの1つとして定着しているものです。

単身パックの大きな特徴としては、専用ボックス1個辺り値段が決まっていて、そのボックスに詰め込めるだけ詰め込む形となります。荷物量が少なければボックス1つで納まりますし、荷物量が多くなるとボックス数が増えて、その分料金がアップする仕組みです。

利用者目線でも解りやすいサービスであり、単身パックは通常引越しプランと比較すれば非常に安い価格で引越し可能になります。

運送業者側も専用ボックスの個数に応じた料金システムで計算しやすく、他の荷物と共に運べる事からも効率アップに繋がり、格安引越しプランとして人気が高いです。


お得に引っ越す1番大切なことは、信頼ある業者の中でもっとも安い金額で引っ越せる業者にお願いすることです。しかし、引越し業者の忙しさにより料金も大きく変動してきます。1社1社に問い合わせるのは難しい、、、そこで、実績ある信頼できる引越し業者に一括して見積もりを取ることで一番安い引っ越し代が分かるシステムが構築されました。
賢くオトクに引っ越すならまず、無料の一括見積もりがおすすめです。



単身パックのメリットとデメリットを知って選択


単身パックのメリットとデメリット両面を知る事で、自身の引越しがそのサービスに適切かどうか判断出来るでしょう。

メリットを大きく分ければ3つあり、
・訪問見積もりや追加料金無しで利用可能
・運送時に荷物が壊れたり失う可能性が低い
格安輸送が可能
といった点が挙がりす。

これらを順番に細かく見ていくと、単身パックは専用のコンテナボックスに荷物を詰み込んで輸送するものですが、コンテナサイズに応じて料金が定められているので、訪問見積もり無く発注可能です。

コンテナボックスの中に荷物が納まっていれば追加料金が発生する事が無いのは、面倒ではなく迅速に注文可能な大きなメリットと言えるでしょう。

コンテナボックスに入れて発送開始から到着まで運ぶ事になり、荷物1つ1つに対して人の手に触れる機会が少ない事からも、破損や紛失の可能性が低くなりますし、コンテナボックス自体に荷物保護の役割があるために、過剰な梱包をしなくても良いのも魅力です。

そして、何よりも格安である事が最大のメリットであり、業者側としても沢山の依頼者の荷物を1つのトラックに混載可能な点が格安引越しを可能にさせています。

例えば家族引越しの場合はトラック1台を依頼者1家族分に張り付かせる必要が出てきますが、単身パックは様々な依頼者のコンテナに詰まった荷物を混載出来ますから、消費者にとってお得な料金が実現可能です。

もちろん単身パックは万能ではなく、メリットだけではなくデメリットも存在します。

コンテナボックスに荷物が入らなければ割高、運送可能な荷物サイズの規制、ダンボール回収や無料提供無し、といった面があります。

コンテナボックスにぴったりと納まってくれるならば、追加ボックスが必要無くて良いですし、溢れた荷物だけ別途配送といった追加コスト負担が無いですが、ボックスに入りきらない時は追加する必要が出てきます。

単身パックで運送可能な荷物サイズも決まっていて、基本的にはコンテナボックス以上のサイズの荷物は運送出来ず、高さや幅、奥行きが決まっていますから、大きな荷物がある場合は別途専用便を使わざるをえない事もあります。

大きい荷物が複数あれば、一人暮らしだとしても単身パックが適切ではない事もありますから注意しましょう。



通常引越しサービスならば、荷物を詰めるためのダンボールは無料提供してくれたり、荷物を運び終えた後にダンボール回収といったサービスがありますが、単身パックの場合は無料提供や回収は無く、自身で調達したり廃棄の必要があります。

コンテナボックスに合わせたダンボールを調達するのが有効であり、こうした単身パックのメリットやデメリットを知り、自身の荷物を確認した上で注文が適切かどうか判断する必要があるでしょう。

解らない場合は業者に相談して、最も適切なプランを提案してもらうのは有効です。

単身パックの相場や引越しのお得なタイミング


引越しで気になるのはサービスの相場やお得になるタイミングであり、少しでもお得な料金で注文したいものです。

単身引越しの相場は同一県内なら3万円から4万円、繁盛期なら5万円から6万円辺り、他県への引越しとなると1万円以上の上乗せされる事が多いです。

単身引越しの相場を掴んでから、単身パック相場をチェックすると値段が安い事に驚く方も多いですが、単身パックは2万円以下で引越し可能な場合もあります。

単身パックは各業者によってコンテナボックス1つ辺りの大きさや値段が異なりますから、確認した上で注文が望ましく、大手のクロネコヤマトを例に取ると、通常単身引越サービスが1.2万円から、単身引越しminiタイプなら1.1万円からとなります。

通常の場合はコンテナボックス容量が1.83㎥、内寸が横幅1.04m×奥行1.04m×高さ1.70mです。

miniの場合は1.40㎥で内寸が横幅1.04m×奥行1.04m×高さ1.30mとなり、荷物量が少ない場合はminiタイプを選ぶと良いでしょう。

他の業者もコンテナボックスの容量によってパックプランが変わり、相場にも違いがありますから、確認した上での注文が望ましいです。

別の業者を見ても横幅約1m×奥行約1m×高さ約1.7m程のボックスで1.2万から1.6万辺りに設定されています。

コンテナボックスの相場確認も大切ですが、引越しにはお得なタイミングというものがあり、注文時期や方法によって割安価格での引越しが可能な事があります。

ネット経由での注文でWeb割引サービスがあったり、早期予約による早期割引、平日割引等、予約方法やタイミングによりコストダウンが可能です。



細かく見ていけば縁起の良い悪い日、繁盛期か閑散期等によっても値段は変わり、需要が高まるタイミングになると引越し業者は価格交渉に応じてくれないですし、逆に閑散期のように需要が無い時にはお得な料金になりえます。

日取りで言えば大安のように縁起の良い日は需要が高まり、逆に仏滅は重要が減る等がありますし、新生活準備が始まる3月辺りから4月上旬にかけては繁盛期で値段が上がります。

会社員の人事異動や転勤、学生の新生活の為の引越し等が殺到する為に、業者側も割引きしなくても強気な価格設定を打ち出してくる傾向があるのです。


繁盛期の土日は特に料金が上がりやすく、引越しコストが閑散期の倍になる事もありえます。

引越しを安くする為には、繁盛期(3月から4月)を避けて閑散期(5月から6月)、業者都合の時間や日に合わせる等が有効です。

他にも業者比較を行って相場を確認した上で注文する等、複数社比較は基本であり、1社だけに最初から絞り込んで決めない事も大切と言えるでしょう。

荷物の分類仕分けや梱包のポイント


引越しでは荷物の分類仕分けは大切であり、これによって引越し価格に大きな違いが産まれます。

基本的には荷物は少なくする事が大切であり、もちろん必要なものは残さないといけないですが、引越し時の荷物分類仕分け、梱包のコツを押さえて準備が望ましいです。

梱包の前に分類仕分けが基本となり、必要なものと不要なものに分ける作業は必須となります。

家族引越しでも単身引越しでも分類作業は必要であり、必要か不要か分類は意外に難しいものです。

最初から必要と不要に明確に区分け出来ない事もありますから、必要と不要、どちらか解らない、の3種類位に分類していき、鍵を握るのは必要か不要か解らない荷物になります。

こういう場合は時間軸や使用頻度を分類の指標として使うのは有効であり、頻繁に使っているものは必要である可能性が高く、大事にしまっておいても何年も使用していないものは不要な場合が殆どです。

もちろん何年も触れないものでも、捨ててはいけない思い出の品物は誰にでもありえますが、今後使うかもしれないと考えて何年も収納においているものは、不要であると判断していくのも必要になります。

引越しでは思い切って分類していくと良いですし、引越し先でスムーズに新生活に入っていくためにも、こうした分類作業に力を注ぐのは有効です。

分類作業が終われば梱包作業に入りますが、単身パックの場合は自身でダンボールを用意して梱包作業も行う必要があります。
単身パックのコンテナボックスのサイズを事前にチェックして、それにピッタリと合うサイズのダンボールを用意すると、コンテナボックスに綺麗に詰め込みやすく、結果的にボックス数を抑える事に繋がるでしょう。

梱包をする時の基本としては、大きいサイズのダンボールには重いものを詰め込まない事であり、大きいダンボールには衣類等の軽量のものを入れます。


食器類等は1つづつエアーキャップや新聞紙等で保護して、小さいダンボールに詰めると運びやすくなりますし、ダンボールの底抜けを防げますから、こうしたポイントは押さえて梱包していくと良いです。

荷物の分類作業から梱包へと作業が流れるのですが、新生活をスムーズに進められるように、ブロック分けしながら分類作業が有効になります。

例えば寝具、クローゼット、キッチンといった形で荷作り開始時からグループ分けして作業を進めていけば、荷物も自然と分類出来て解りやすいです。

引越しの流れや準備について


引越しの流れとしては、物件探しや契約、引越し業者の手配、荷物の整理や荷作り、各種手続き、新居での生活という順番になる方が殆どです。

余裕があれば引越しの1か月前くらいから荷物の整理や荷作りの準備を行い、荷作りの過程で粗大ゴミの処分、不用品回収業者の依頼等が起こりうるので、早めに計画立てる事が望ましいでしょう。

大きいゴミ等は引越し当日に慌ててしまうと、捨てられない事があったり、捨てる為に支払わなくてもよいコスト負担が発生する可能性もあります。

場合によってはその日に引越し出来なくなる場合もありますから、計画的に引越し準備を進める必要があります。

新居物件の契約が終わったら引越しの見積り作業に入り、引越し日を決定します。

引越す日を決めないと予約を入れる事が出来ないですし、スケジュールを立てる為にも引越し日を決定します。

早期予約すれば割引になる業者等もありますから、各引越し業者のサービス内容を比較しながら決定します。

引越し業者が決まったら荷物の分類仕分け、梱包等の作業を進めていきますが、粗大ゴミや不用品の処分方法を決める事が必要です。

特に引越し繁盛期はごみ収集等の予約が殺到しますから、自治体によって粗大ゴミの処分方法や予約から引き取りまでの期間も違いますし、確認作業は必須になります。

時間的に余裕があれば不用品はネットオークションで売却したり、少しでもお得に処分していく事が有効です。

引越し業者や引越し日が決まれば、ダンボール等の梱包資材を準備し、単身パックならば業者任せではなく自身が準備する必要がありますし、ダンボールはスーパーやドラッグストアー、ホームセンター等で無料で貰う事も出来ますから、必要に応じて集めていきます。

引越しの2週前辺りには転入先新居でのレイアウトを決めたり、遅くてもこの辺りからは荷作りや梱包を開始しておきます。

新居で車を使う場合は駐車場の契約等も済ませておくと良いですし、電話や保険等の変更手続き準備も行うと良いです。

引越しの1週前には転出届手続き等、役所で行う手続きを行い、手続きに必要な本人確認書類や印鑑、新住所が解るもの等を準備します。

転出届は引越しの2週間前から提出可能であり、印鑑登録の廃止や手続き関係は済ませていきます。

ライフラインの手続きも必要であり、電気やガス、水道の解約手続きを行うと同時に、引越し先で使用開始手続き等も行うと良いです。

引越しまでに荷物整理を進めていきますが、引越し当日に使う掃除道具等も一緒に梱包せずに注意しましょう。

引越し挨拶は当日では行えない場合がありますから、前日までには済ませておくと良いですし、引越し当日は忙しかったり相手都合で会えない事もありますから注意が必要です。

基本的には新居への搬入作業を行う前に新居の近所への挨拶を行っておく事が望ましく、引越し作業途中で道を塞いだり、騒音リスクがあるので挨拶しておいた方が無難です。

引越し先に荷物が到着してから、壊れ物が無事かどうか、パソコンなどの精密機器があれば起動するか等のチェックを行う必要があります。

引越ししてから2週以内に転入届等の役所手続きを済ませると良いです。

引越しは計画的に行いましょう。チェックリストを作るのがおすすめです。新生活には思った以上に費用がかかることがあるため、同じ移動ならすこしでも引越し代をやすく抑えることができる単身パックがおすすめです。

単身パックは荷物が少ないということが前提としてあるため、思ったより荷物が多い場合はオークションに出したり、このタイミングで捨てて引越し先で改めて新しい家電を買うといったこともひとつの手になります。

▼一番安い引越し業者がすぐに見つかる▼





















単身パックで安い金額になるために気をつけること

引っ越し業者の利用について 単身パックに限らず、引っ越しを依頼する際に共通する注意点となりますが、引っ越し業者からの見積もりは複数の引っ越し業者に依頼し、その時期の単身パックの相場を知ることが大切だと思います。 物量に応じて見積もり額はそれぞれ変わって…
このエントリーをはてなブックマークに追加